検索
  • 皓哉 阿部

足首捻挫


足首捻挫の応急処置と治療方針について、お話ししていきます。


従来の処置の仕方と阿部接骨院の処置の仕方の違いがわかります。




結論を言いますと、阿部接骨院では「圧迫固定、安静をしない」です。





圧迫固定はすごく危険を伴うことがあります。


それはなぜか。


靭帯損傷をして患部が腫れている状態になると、靭帯とともに毛細血管も損傷しています。



つまり患部は軽い酸欠状態になります。


そこで圧迫固定や極度の安静、脚を上げて寝る



これらは従来よくやる方法ですよね。



当院では、血流を低下させるので、一切させてません。しないでくださいと伝えます。


ただでさえ酸欠状態なのに、余計に血流が悪くなり、患部は苦しくなります。



今からフルマラソンを走るのにマスクしているようなもんです。


辛すぎます。



筋膜の歪みや癒着をできるだけ取り除き、歩行可能な状態にできるだけ早くもっていきます。



歩行可能になると、適度な刺激になり、靭帯の修復を促してくれます。


血流もよくなります。


温めるより、筋肉や関節を動かすことが1番血流が良くなります。



阿部接骨院では、できる範囲でなるべく動かしてもらい、早期改善させていきます。




動かすことが治る近道です。

68回の閲覧

大阪府茨木市真砂2丁目13番10号(若園公園南側)

​☎︎072−665−8724