検索
  • 皓哉 阿部

太ももの打撲


サッカーやバスケやラグビーなどのスポーツよく起こります。

太ももに膝がぶつかって、太ももが痛くて膝が曲がらないというケガ。

そんなケガをした高校生が来院されました。

日曜日にサッカーの試合中に、ケガをしてしまったので、救急を受診されました。

レントゲンには異常がなく、エコー検査をしてもらったそうです。

すると筋断裂があり、血腫もあるとのこと。

その後ギプスを足首から太ももまで固定され、3週間の安静と言われたそうです。

結局、2週間でギプスが取れたので、その後、当院に来られました。

エコーで見てみると確かに筋損傷はあるのですが、ギプスを巻く必要はなかったですね。

太ももの筋肉で一番深いところを痛めると、ギプスも有効な場合があるかもしれませんが、、。

今回の損傷はそこではなく、比較的治りやすい部位でした。

なおさら固定が悔やまれる症例でした。

筋肉が激ヤセしてしまってました。誰が見ても分かるほどに。。。

ケガをして、とりあえずギプス固定をしておけば良いだろうという無難な処置。

決して間違いではないです。それが当たり前という現状の整形外科学。

でももっと効率よく治せる方法があるのにといつも思います。

治る人は簡単に治ります。

そこは問題ではなくて、治っていない人、時間がかかている人、この人たちをなんとかしたい。。

頑張ります。


245回の閲覧

大阪府茨木市真砂2丁目13番10号(若園公園南側)

​☎︎072−665−8724