検索
  • 皓哉 阿部

野球肘


こんにちは!

夏の甲子園も花咲徳栄高校の圧倒的な打撃力で終わりましたね!

いつか阿部接骨院から甲子園ボーイやアスリートが現れることを夢みています(^^)/

最近、野球の子がよくこられるので野球肘について書きます。

野球肘の子が来るたびに(身体を痛めている患者さますべてですが)事前に防げなかったのかなと思います。

つい先日、野球肘の子が来られました。

レントゲンでは異常なし。とりあえず、しばらく運動禁止。と診断され、症状が変わらないので当院を受診されました。

肘を見ると少し腫れていて、曲がらないし伸びきらない状態です。

どこが痛い?と聞くと

肘の外側が痛いと言っていました。

すごく嫌な予感がしました。僕の中では、「あれ」が間違いなくあるだろうなと思っていたので、とりあえず、超音波検査です。

これが、野球っこが絶対になっていはいけない離断性骨軟骨炎です。

「レントゲンをとったはずなのに。」と親御さんが、、。

レントゲンでは見つけるのが困難な疾患なので、見逃されていました。

内側の野球肘はまだ良いのですが、外側の野球肘は発症してからでは手遅れなのです。

あまり痛くないので、症状が出始めた時には、患部は進行していることがほとんどです。

この子は半年から1年は野球ができないでしょう。

こういう子を一人でも防ぎたい。

定期検診というのがまだまだ広まっていないのが現状です。

悔しい。。


120回の閲覧

大阪府茨木市真砂2丁目13番10号(若園公園南側)

​☎︎072−665−8724