検索
  • 皓哉 阿部

エコーセミナー(野球肘)


こんにちは!

昨日もセミナーに行ってきました!

これまた野球肘についての学会でした!

野球肘は大きく分けると3つあります。

もっとも多いのが内側型です。

ついで、外側型と後方型があります。

内側型と後方型はしっかりと治療と動作改善すれば治ります。

しかし、外側型の離断性骨軟骨炎というものは完治率が大きく下がります。

超早期発見できれば、90%以上の確率で治るというデータが出ています。

ただ、超早期発見できるケースはメディカルチェックなどでエコー検査をした場合です。この時はほとんど自覚症状がありません。

ほとんどのケースが痛みや動きにくさを訴え、病院を受診したときに見つかる、進行している場合です。

進行期での完治率は50%程度に下がります。

半分は治らないという事です。これはかなりのリスクですよね。。

そうならないためにエコー検診が必要になります!!

僕にできることをやっていこうと思った一日でした!


107回の閲覧

大阪府茨木市真砂2丁目13番10号(若園公園南側)

​☎︎072−665−8724