検索
  • 皓哉 阿部

足首捻挫・肉離れ・つき指の応急処置


最後まで読んでくださいね!

最近、足首捻挫(靭帯損傷)や肉離れ(筋肉が部分的に切れている)や突き指で腫れて指が曲がらないなど、スポーツによるケガが多いので、その応急処置についてお話しします。

一般的にはRICE処置と言われる

R:安静

I:冷却

C:圧迫

E:挙上

をすべきと多くの文献でみられます

最近は+S:固定  というのも増えてきています。

当院の考え方!

1)足首捻挫

重症例で、圧迫と挙上をすると過度な循環障害に陥る危険性があるので要注意です。

多少腫れている程度ならアイシングだけで十分です。あと当院に駆け込むだけですね(笑)すぐ治します!

過度にテーピング固定や挙上をしてしまうと治るのが遅くなります。

ケガ直後の処置が一番大事なので、何かあればいつでも電話を鳴らしてくださいm(__)m

2)肉離れ

先ほどの足首捻挫と同じで、圧迫と挙上はしません。循環障害が起きると足が冷たくなったり(本当は炎症で熱くなるはずなのに、、、)と回復がかなり遅くなるので安易な固定は要注意!

アイシングだけしてください!ほとんどの場合、固定の必要がなく治っていきます。

処置は早ければ早い方が圧倒的に良いです!!!

3)突き指

突き指の場合、意外と剥離骨折している場合が多いので、レントゲンより優れているエコーで診るべきですね。エコーはレントゲンよりかなり細かく見えます。子どもの場合、レントゲンを何回も撮るのは嫌ですよね。

結局、突き指もアイシングのみですね!

患部の安静が必要なことももちろんありますが、現代医療は過剰すぎる気がします。

人間の身体は動かした方がよく治るようになっています。

治療で動けるようにしますので、あとは動いてください。

経過はエコーでもちろんチェックしていくので安心です!!!

不明な点は何なりとお尋ねください!(^^)!

写真は目の前のバラ園のお花です!

キレイ咲いてますよ~

最後に少しだけ宣伝を。

一度、肘の状態を見ておくだけで安心です!


345回の閲覧

大阪府茨木市真砂2丁目13番10号(若園公園南側)

​☎︎072−665−8724