検索
  • 皓哉 阿部

サッカーで多いスポーツ障害(オスグッド病)


今日はサッカーでよく起こるケガや痛みについて、書いてみようと思います。

サッカーのケガで圧倒的に多いのはオスグッド病ではないでしょうか?いわゆる「ひざの成長痛」ですね。

あとは相手と接触して膝が太ももに入って筋挫傷をしたり、

インサイドキックを繰り返すことにより鼠径部の痛みがでてきたり、足首の捻挫であったり、とにかく足の故障が多いですよね。

では、サッカーで一番多いと思われる成長痛について

なぜ成長痛がおこるのか。

大人と子どもの骨の違いから説明しましょう!

下の図のように、大人の骨はほとんどが「骨」なのですが、子どもの骨は大きく分けて「骨」の部分と「骨端線」という軟骨の部分があります。

黄色の部分の骨端線が、走ったり、ボールを蹴ったりすると、筋肉に引っ張られ軟骨が痛んできます。

これがオスグッド病です。

運動することで、軟骨に引っ張られる力が加わるのですが、筋肉が固くなるとさらに引っ張られる力が働くため、痛みが発生します。

つまり、成長期に、運動量が増え、筋疲労が起き、筋肉が固くなると症状が出始めます。

しかし子どもは回復が早いので、寝ると痛みがおさまります。それで大丈夫と思ってサッカーをすると、練習終わりや練習の休憩中に痛みが現れます。でもまた寝て身体を休めると痛みはおさまります。これらをしばらく繰り返すようになります。

これが初期症状です!

この状態をしばらく繰り返していると、寝て身体を休めても痛みが残ってしまうようになります。

すると、整形外科や整骨院や接骨院に通うように、、

一般的には、やはり患部の安静を指示されます。あとはサポーターや湿布ですね。

「運動量が多いから仕方がないね。」となることが多いです。

しかし当院では、運動を休まない方向で治療や運動指導を行います。

治療で痛みを取ってあげることも大事ですが、使いすぎで痛めているので身体の使い方を知ることも非常に重要になってきます。


221回の閲覧

大阪府茨木市真砂2丁目13番10号(若園公園南側)

​☎︎072−665−8724