検索
  • 皓哉 阿部

スポーツが楽しくできる環境。


こんにちは!

日頃、ちょこちょこ時間があれば本を読むのですが、今日は『野球崩壊』という本に、素敵なことが書かれていたので紹介したいと思います。

野球だけでなく、どのスポーツにも通ずるものがあると思いますので、最後まで読んでくださいね!

ここからは本の内容です。

アメリカのテッド・ウィリアムス・キャンプ・フォー・ボーイズに体験入学。この学校は8歳から18歳までの子供に野球を教えます。1~4週間のコース。監督やコーチはみんなライセンスを持っています。

まず、アメリカには軟式ボールがないので、こどもでも硬式ボールでbaseballをします。

野球経験がないので、最初は硬球だから怖いし、身体から離れたところでこわごわ取ります。

コーチは「カモーン!ボーイズ!」と子供たちを集める。そして腕時計を外して「もってろ。」とひとりの子に投げます。すると子供は両手で受ける。

「な、大事なものは両手で受けるだろ?ボールも両手でとれよ。」

「でも、ボールは痛いもん」

「じゃあ、痛くないボールでやろう」

新聞紙を丸めてボールを作りキャッチボールをする。

「痛くないな?じゃ次はテニスボールでやろう」「じゃあつぎは硬球で」と

すると15分くらいでさっきまで硬球を怖がっていた子供たちがキャッチボーができるようになる。

次はゴロ。

みんな怖がって顔が上がりボールが取れない。するとコーチが「みんな、ならべ。」という

でも日本の場合、「お前たちボールが怖くて野球ができるか!」とコーチが怒鳴って半べそかいて捕らされるところです。

向こうのコーチは「お前らボールが怖いんだろ。だったら絶対にとるなよ。ボールが来たら逃げろよ」という

子どもたちはキャーキャー言いながら逃げ回ります。

「よく逃げた。でもこのボールはお前たちに逃げてもらいたいのかな?捕ってもらいたいんじゃないかな?そうだ、捕ってもらいたがっているんだよ。だったら捕ってみよう」

そこで緩いごろを打つ。

「よく捕った!ボールは捕ってもらえてうれしいんだ。お前たちに投げてもらえればもっとうれしんだよ。」

決して叱らない。褒めるときはすぐにほめる。

日本の指導とはえらい違いですね。でも初日からいきなり試合をするんです。エラーしても「もう半歩出れば捕れたぞ。よくトライした!」と決して叱らない。ほめる。

だから、「よーし、次来たら捕ってやるぞ」ということになる。

日本のようにミスをしたら「何やってるんだ!」と怒鳴ったら、子供たちは「僕のところにボールが来ないでくれ」と思うようになるでしょう。

でも叱る時は叱ります。

3~4日やっているうちに、ピッチャーとキャッチャーとファーストの間にボールが落ちた。いわゆる「お見合い」(誰がボールを捕るのか、譲り合うこと)

コーチは鬼の形相で「カモン!ボーイズ!」と子供たちを集める。

「今、ボールを捕らなければいけなかったのは誰だ、投手は投げたばかりで体勢が崩れている、キャッチャーはマスクを取らなきゃいけない、ファーストだろ、「アイゲット」と大きな声で言わなければだめだ」

みんなシュンとすると、「今日この試合に勝ったらアイスクリームおごってやる」

試合が終わるとトラックの荷台に子供たちを乗せアイスクリームを食べさせに行きます。

こんなほっこりする風景を日本でもみてみたい。

褒めるときは褒める。叱る時は叱る。

キャンプが終わってコーチたちに「子供たちに野球を教える秘訣はなんだ?」と聞いたら、コーチは口をそろえて言いました。

「こんなに楽しいベースボールを、明日も明後日も、5年後も10年後もやりたいという気持ちにさせることだ。」

アメリカからの日本の野球の印象は、、、マフィアが野球を教えている。

どのスポーツでも、生涯やりたい、もしくは好きでい続けられるような指導を心がけたいものです。

スポーツが楽しくできる環境は大人が作らないといけないのに。


130回の閲覧

大阪府茨木市真砂2丁目13番10号(若園公園南側)

​☎︎072−665−8724