検索
  • 皓哉 阿部

変形性膝関節症


今日は当院でもよく診る変形性膝関節症。

変形性膝関節症とは

全国で800万人を超えると言われており、社会問題となっています。

変形性膝関節症は関節軟骨の変性を基盤とした疾患である。

変形性膝関節症の病因は一次性と二次性に分けられ、代謝性疾患、外傷、先天異常など明確な原因があるものは二次性。

一方、60歳前後の女性が、誘因なく膝の痛みや運動障害、膝に水がたまるなどの症状を訴え、明らかな原因が認められない場合は一次性に分類されます。

初期には、

ひざのこわばる感じや、

長時間座っていて立ち上がり時の痛み・

歩き始めの痛み訴えることが多いです。

いったん歩き始めると、痛みはましになりますが、長時間歩行すると再び痛み出す。

ほとんどの症例で、膝関節の内側に痛みが存在します。またお皿の骨の周りにも痛みを訴えたり、膝の裏の緊張感を訴えたりすることもある。

進行すれば、歩く時や階段の時にも、痛みが生じてくる。初期には関節可動域(動かせる範囲)はあまり侵されないが、わずかに伸展(のばす)と正座(曲げる)が制限されます。

重症例では人工関節の手術をしますが、、当院では手術はできないので、、、

手術は必要ないけど、

階段の時の痛みをなんとかしたい。

スポーツの時の痛みをなんとかしたい。

運動後に膝が痛む。

正座がしにくい。

サポーター、ヒアルロン酸注射をしているがなかなか治らない

など

初期症状のうちにしっかりと治療をしましょう!!!

サポーター、ヒアルロン酸注射をしているがなかなか治らない

ぜひ一度、ご来院ください。


79回の閲覧

大阪府茨木市真砂2丁目13番10号(若園公園南側)

​☎︎072−665−8724