検索
  • 皓哉 阿部

有痛性外脛骨・分裂膝蓋骨


外脛骨障害

外脛骨は舟状骨の内側にある過剰骨で、約15%の人に存在すると言われ、外脛骨と舟状骨の間で微細な動きが生じると疼痛の原因になります。発症は運動量が多くなる10~15歳頃に好発します。また、成人例では捻挫を契機に急性発症します。

スポーツをする子たちが外脛骨障害になり、痛みに苦しめられています。

当院の治療で多くの外脛骨障害が3~5回で痛みがかなり軽減されます。治りにくいのもありますが、競技復帰は短期間でできると思います。

有痛性分裂膝蓋骨

膝蓋骨に骨化核が2つ以上存在し、成長後もそのまま癒合しないことがあります。多くは無症状ですが、スポーツ(ランニング、ジャンプなど)によって痛みが出現した場合に有痛性分裂膝蓋骨と診断されます。症状は分裂部に運動後の痛み、運動時痛、圧痛、骨性膨隆があります。当院の超音波エコーで明確にわかります。

分裂膝蓋骨もよく当院に来られています。

運動中は集中しているため痛みをあまり感じず、運動終了後に痛みを認知します。

有痛性外脛骨も有痛性分裂膝蓋骨も特に安静・固定は必要がなく、運動できるようになります。当院では手技療法で痛みを軽減させ、身体の使い方を指導しています!


283回の閲覧

大阪府茨木市真砂2丁目13番10号(若園公園南側)

​☎︎072−665−8724