当院でよく診るスポーツ障害・外傷

野球肘

 

野球肘のエコー画像はこちらから

成長期に投球動作の繰り返しにより発症する。内側型・外側型・後方型があり、中でも重症度が高いのは外側型です。痛みもあまり感じないため、発見が遅れやすい。当院のエコーでは異常があれば発見できます。再発を防ぐため、フォームの確認、トレーニング指導を行います。

 

野球肩、水泳肩

野球肩(骨端線離開)のエコー画像はこちらから

成長期に投球動作の繰り返しやバタフライやクロールにより発症する。肩関節はほとんど筋肉により支えられているため、筋筋膜に癒着や歪みが発生しやすい。癒着や歪みにより痛みを感じ、動く範囲が狭くなるが、施術すれば改善していきます。

腱板損傷

 

腱板損傷のエコー画像はこちらから

加齢による腱の変性や、転倒などの外傷で発症する。バンザイ動作が痛みでできなくなる。エコーで損傷程度を確認し、可能であれば保存療法を選択し、施術を行い改善を目指す。

 

テニス肘

テニス肘のエコー画像はこちらから

前腕筋群の使いすぎにより変性や微小な断裂が生じると運動時痛が生じる。テニスのバックハンドでなることもあるが、日常生活の中で発症する場合が多い。​酷くなると骨棘ができることもある。(骨の変形)テニス肘もエコーで状態を確認し、筋膜施術をすれば症状は減少していきます。

TFCC損傷

 

TFCC損傷のエコー画像はこちらから

ドアノブを捻るような動作を繰り返すと発症する。筋膜施術で大いに改善していきます。サポーター等で過度に締め付けると悪化する場合があります。

 

突き指

突き指のエコー画像はこちらから

バレーボールやバスケ等の球技に多く発症する。すぐに腫れてくる場合は剥離骨折もしくは靭帯損傷をしている可能性が高いです。エコーを使うと状態がすぐにわかります。​痛みで曲がらない指に筋膜施術をすると、早期復帰が望めます。

若木骨折・剥離骨折

 

若木骨折・剥離骨折のエコー画像はこちらから

足首捻挫や突き指をした時に小さな剥離骨折をしていたり、転倒して手をついた時に若木骨折をしてしまいます。一般的にはギプス等の固定ですが、、​一度ご相談ください。

 

足首捻挫

足首捻挫のエコー画像はこちらから

スポーツ活動中や段差につまずく等で発症する。靭帯損傷や靱帯周囲の筋肉を損傷していることが多いです。これはエコーでなければわかりません。そして、むやみな固定・圧迫は治癒を遅らせるのでご注意を!人間の体は適度に動かせばよく治るようになっています。日にち薬ではなく、しっかりとした施術をしましょう。お任せください。

 

肉離れ

肉離れのエコー画像はこちらから

スポーツ活動時に瞬発的な動きで発症する。むやみな固定・圧迫は治癒を遅らせるのでご注意を!人間の体は適度に動かせばよく治るようになっています。日にち薬ではなく、しっかりとした施術をしましょう。お任せください。

 

オスグッド・シュラッター病

オスグッド病のエコー画像はこちらから

オスグッド病とは運動時痛と圧痛(押すと痛い)があり骨性の隆起が見られる。スポーツを活発に行う発育期に発症する。一般的によく行われるサポーターやストレッチで痛みを強くする場合があります。多くのオスグッド病が当院の筋膜施術で良くなります。治りにくいものもありますので、そこは見極めてお伝えさせていただきます。例えば、野球少年やあまり出っ張っていないものが当てはまるので要注意です。

シーバー病・セバー病(踵骨骨端症)

 

シーバー病のエコー画像はこちらから

8〜12歳の男子に多く、体操や剣道などの素足で行うスポーツや、サッカーなどで長時間のランニング、繰り返しのダッシュで発症する。​子どもはよく、「足首が痛い」と訴えることが多い。シーバー病もオスグッド病と同様に当院の筋膜施術で良くなることが多いです。

 

有痛性外脛骨

有痛性外脛骨のエコー画像はこちらから

内くるぶしの斜め下の舟状骨という骨の内側にある過剰骨。約15%の人にあり、運動量が多くなる10〜15歳頃に発症します。足首を捻ってから発症する場合もある。一般的にはやはり安静を指示されますが、当院は筋膜に対しての施術を行い痛みを減らし、早期回復へと導きます。

 

シンスプリント

シンスプリントのエコー画像はこちらから

スポーツにより繰り返しジャンプやダッシュを繰り返していると発症する。スネの内側が痛くなる疾患で、疲労骨折に至る場合がある。サポーターやテーピング等で症状が悪くなることもあります。筋膜施術を行い、痛みや筋肉の硬さを取り除きましょう。

 

有痛性分裂膝蓋骨

分裂膝蓋骨のエコー画像はこちらから

スポーツを活発に続けている10歳台の男女に発症する。一般的にはスポーツ活動の運動制限・太もものストレッチ・サポーターによる患部の保護ですが、運動を休めば痛みは出ないが、再開すると再び痛むことが多く、長期化してしまっている。といった患者様が良く来られます。一度ご相談ください。

ジャンパー膝・ランナー膝

 

ジャンパー膝・ランナー膝のエコー画像はこちらから

ジャンパー膝(膝蓋靱帯炎)とランナー膝(腸脛靱帯炎)は繰り返しのジャンプやダッシュで発症する。サポーターをつけてプレーを続け、悪化している子ども達を本当によく見ます。患部を締め付け、血流を悪くし、治癒を遅らせていることが多いです。

 

大腿部筋挫傷(モモカン)

大腿部筋挫傷(モモカン)のエコー画像はこちらから

サッカーやバスケやラグビーなどの接触プレーのある競技には多く発生します。中程度の損傷になると膝関節が曲がらなくなります。復帰を焦ると骨化性筋炎という長期離脱に繋がるものへと悪化します。当院ではエコーや可動域や運動痛、全てを考慮した上で、復帰を許可します。

​鼠径部症候群(グローインペイン)

 

グローインペインのエコー画像はこちらから

サッカープレーヤーに多く、インサイドキックなど内ももに過度にストレスがかかると発症します。筋肉そのものが損傷している場合は少なく、多くが筋膜の歪みや癒着が原因になっています。

 

腰椎分離症

腰椎分離症はエコーで確認できません。MRIをお勧め致します。

ほとんどが活発なスポーツ活動による障害であり、10歳以降に増加し、男子に多く発症。いわゆる疲労骨折になります。安静にして固定すればしっかり治ります。しかし、様々な状況がありますので、最善の策をご提案いたします。